金策

【FF14】初心者にもおすすめ!伝説素材で金策!【パッチ5.58】

伝説素材金策

FF14でギャザラー金策といえば「素材を採ってきてマーケットに出す」が主流ですが、その中でも「伝説素材」は新式装備の素材として大量に使用されるため、パッチ直後では高値で取引されます。

ですがまったり期間となっている5.58となったいまも、この金策方法は健在なのでしょうか。

今回は、5.2~5.4で実装された伝説素材は5.58のいまどのくらい金策になるのか? ガチギャザラーと自称するわたくし「さきりな」が、実際にエオルゼア時間で1日掘ってみて検証しました

きちんと準備して挑めば、「時給30万ギルは固い」です! 数時間やれば、かなりの金策になります!

またギャザラーをカンストして「レベル80になってはじめてギャザラー金策をしてみたい!」という方に向けた、必要な食事や薬、使用するスキルなどについても詳しくご紹介します!

※今回記事が長いため、気になる項目を「目次」から選んでいくといいです!

伝説素材と採集場所

5.2~5.4で実装された伝説素材のうち、今回取得する素材の採集場所は以下のとおりです。

今回の検証ではこれらをET時間1日分(2周)採集します

ET アイテム名 エリア 座標
0:00 / 12:00 テンダーイノンド コルシア島 X:28.4 Y:21.1
ハードワットル樹皮 レイクランド X 5.2 Y:26.5
2:00 / 14:00 輝コバルト鉱 レイクランド X 4.7 Y:33.9
金錫鉱
白夜結晶 イル・メグ X:35.6 Y:8.7
4:00 / 16:00 超硬水 コルシア島 X:36.1 Y:12.2
紫根 アム・アレーン X:32.2 Y:33.5
6:00 / 18:00 プルプラシェルチップ テンペスト X:34.4 Y:31.3
シルバービーチ原木 アム・アレーン X:16.1 Y:10.9
8:00 / 20:00 苦灰石 ラケティカ大森林 X:7.5 Y:30.2
メルバウ原木 イル・メグ X:36.5 Y:27.3
10:00 / 22:00 アッシュアルメン アム・アレーン X:20.1 Y:8.5
蒼綿花 ラケティカ大森林 X:33.7 Y:13.3

※2:00/14:00のレイクランドは、同じ場所で2種類素材が採れます。

時間や場所に迷ったときは「採集手帳」を開くと発生時間と詳細地図が出てきます。

伝説素材採集前の準備

まず、ノルヴラントの「伝承録」が必要です。用意してから挑みましょう。

他にも必要なものやオススメアイテムがあります。

「ギャザラー装備」一式

当たり前ですが、伝説素材を採集するためにはそれなりの装備が必要です。

できれば5.3で実装された「エースセチック装備」か、白貨で交換できる「セイントハンド装備」がほしいところです。

最低でも5.1に実装された「ミーン装備」が必要だと思われます。

5.0実装の装備でも採集できなくはないかもしれませんが、そもそも「伝説素材」を取得するために必要なステータスが存在するので、もしかしたら5.4の伝説エリアでは掘ることすらままならないかも知れません。

「何から揃えればいいの?」といった初心者の方は、まずは「主道具・副道具」だけでもいいものを揃えてみましょう

こちらのふたつは装備についている元のステータスが高いため、最初に用意するにあたっておすすめの部位です。

今回わたしは主道具「スカイビルダーズ」それ以外は「エースセチック装備」ガチ禁断で採集します。

伝説素材金策用の装備

こちらが食事後の数値です。5.3から主道具以外装備は変更なしですので、1年以上お世話になっています。

あると便利な「食事・薬」など

さらっと採集するくらいであればいらないものですが、ちゃんと「金策する」ならば食事と薬は使用してもいいかもしれません。

わたしは普段、3つのアイテムを使用しています!

  • ハイコーディアル
  • GPがアップする食事
  • 錬精度が上昇する薬

ハイコーディアル

まずギャザラー金策にあたってほぼ必須となるのが「ハイコーディアル」です。GPを400回復してくれる神アイテムです。リキャストは180秒。

各国の「スクリップ取引窓口」にてギャザラースクリップ黄貨20で交換できます。

採集が始まるとリキャスト毎に使用していかないとGP回復が間に合わないため、結構数交換しておきましょう。

GPがアップする食事

「食事」については、GPがあがるものを優先的に使用したいです。

目標GPは「908」です。理由は後述します。

現在の装備でGP908にできる食事は以下のふたつです。

  • ペッパーポポトHQ  GP+50
  • クラブケーキHQ  GP+55

今回はペッパーポポトHQでGPを「910」にして採集します。

「そこまで上がらないよ!」という方も、GPは多ければ多いほど取得できる数が増えますので頑張ってみましょう。

錬精度が上昇する薬

「薬」については、ぜひ錬精度が上昇するものを飲んでおきましょう。

  • 極錬精薬HQ  錬精度上昇量 +6

実はギャザラーは「素材」だけでなく「マテリア」も重要な金策商材です。

錬精度上昇する効果のある薬を飲んでおくと、伝説採集時の錬精度の上がり幅が増えます

一番錬精度が上がりにくい「セイントランド装備」でも、薬を飲んでいるときと飲んでいないときとでは錬精度があがるスピードがちがいます。

効果時間も3時間と長いため、ぜひ錬精薬を飲んでいきましょう。

ギャザラー金策のときにつくバフ

こんなかんじで、実はギャザラー金策する人は当たり前のように薬を飲んでいます。

伝説素材を採集している際、近くにいる人をターゲットしてみて薬マークがみえたら「あ、この人ちゃんと金策しているな」と思っておくといいかもしれないです。

準備が揃ったらいざ採集です。順番に採集していきます。

 



スキルによる採集個数について

ギャザラーの採集は、使用するスキルによって獲得できる個数が相当変わります。

5.2/5.3実装の伝説採集場所
スキル名 必要GP 獲得個数+
獲得数アップ(継続) キングスイールドII 500 2
ブレスドハーベストII
識質力依存
獲得数アップ(継続)
突貫採集 250 2 or 3
突貫採集
獲得数アップ(1回) バウンティフルイールドII 100 3
バウンティフルハーベストII
5.4実装の伝説採集場所
スキル名 必要GP 獲得個数+
獲得数アップ(継続) キングスイールドII 500 2
ブレスドハーベストII
識質力依存
獲得数アップ(継続)
突貫採集 250 1
突貫採集
獲得数アップ(1回) バウンティフルイールドII 100 2
バウンティフルハーベストII

基本スキル回し

今回は「HQを採る」ではなく、「獲得個数を増やす」方針でいきました

今回に限らず製作側として伝説素材はNQでも問題がないため、伝説素材は基本この方針で採っていきましょう。

スキルですが、最初に確定で個数が増える「キングスイールドII・ブレスドハーベストII」(GP500)を使用し、個数が多く採れる場所では「突貫採集」(GP250)や「バウンティフル」シリーズ(GP100)を使用していけば問題ないです。

ハイコーディアルは、基本的にリキャスト毎に使用していきます。

それでもGPが足りない場面が多々出てきますので、その際は優先する採集場所を決めておき、それ以外はGPがある限りのスキルを使用していくといいかもしれないです。

以下、スキルの説明となります。

キングスイールドII・ブレスドハーベストII

GP500を使用し、獲得数を「2」増やします

一度使用するとその採集が終了するまで継続的に効果があるため、一番最初に使用するスキルです。

GP使用量は500と多いですが、ステータス関係なく確実に「2」増やせるので積極的に使用したいスキルです。

突貫採集

GP250を使用し、HQ獲得率を0%にする代わりに、識質力に応じて獲得数を増やします。漆黒から追加されたスキルです。

一度使用するとその採集が終了するまで継続的に効果があるため、一番最初に使用するスキルです。

このスキルは採集する場所と「識質力」に応じて獲得個数が変化するスキルのため、ある程度の識質力が必要です。

獲得数が「2 or 3」増えるのに必要な「識質力」は以下のとおりです。

  • 5.2/5.3の採集場所  2650
  • 5.4の採集場所    ????

残念ながら5.4の採集場所は、現在のステータスでは「2」以上になりません

ですがHQが1%以上の場所ではGP250で「1」は増やせますし、5.2/5.3ですと「2 or 3」(なぜか個数ランダムです)増えますので、こちらも積極的に使用したいスキルです。

バウンティフルイールドII・バウンティフルハーベストII

GP100を使用し、獲得力に応じて「次に採集するとき」の獲得数を増やします。漆黒から追加されたスキルです。

1回きりのスキルなので、GPが余っているときに使用していきたいです。

また、このスキルは採集する場所と「獲得力」に応じて獲得個数が変化するスキルのため、ある程度の獲得力が必要です。

獲得数が「3」増えるのに必要な「獲得力」は以下のとおりです。

  • 5.2/5.3の採集場所  2650
  • 5.4の採集場所    ????

こちらも5.4の採集場所は、現在のステータスでは「3」にはなりません

スキルを全て使用したときの「最大」獲得個数

ステータスが足りている状態で上記のスキルをすべて使用した場合、「最大」でどのくらい獲得個数が増えるのでしょうか。

5.2/5.3の採集場所

8 or 9

  • キングスイールドII・ブレスドハーベストIIで +2個
  • 突貫採集で +2 or 3個
  • バウンティフルイールドII・バウンティフルハーベストIIで +3個

さらに、GPが「908」あると採集回数/耐久2の場所では、最後の1回にもバウンティフルイールドII・バウンティフルハーベストII」が使用できます

5.4の採集場所

6

  • キングスイールドII・ブレスドハーベストIIで +2個
  • 突貫採集で +1個
  • バウンティフルイールドII・バウンティフルハーベストIIで +2個

また、こちらはステータス的に採集回数/耐久2が発動しないため「バウンティフルイールドII・バウンティフルハーベストII」も使用できません。

検証結果:獲得個数とマーケット金額

今回は5.2/5.3の伝説素材で優先的にGPを使用しながら採集してみました。

「スキルを何も使用しない」パターンは一度もなかったです。

獲得個数

実際にエオルゼア時間1日を使って獲得した素材は以下のとおりです。

伝説素材5.58

5.2/5.3の採集場所では、スキルをフルで使用すると1か所で最低で33個、最大54も採れてしまうので、2周すると結構な数の素材が集まりました。

5.4の採集場所は、「超硬水」はHQも必要なので「突貫採集」は使用せずに採っていたりしたので、画像のような個数となっています。

錬精度もすべて0%からスタートしましたが、14:00のタイミングで主道具以外の錬精度が100%になりました

マーケット金額

先程の画像に載っていた素材とマテリアを、全てマーケットに出品してみました。

伝説素材で金策5.58

手数料抜きの合計金額は「409,375ギル」(2021/7/24時点)となりました。

実はこの時期、5.2/5.3の採集場所で採れる素材が大暴騰していまして、パンデモニウムサーバーで出品するとこのようになります。

特に我がサーバーでは、2:00/14:00で採れる素材と、10:00/22:00で採れる素材がそれぞれ高騰しています。

エオルゼア時間1日はだいたい実時間70分くらいなので、サーバーにもよりますが時給30万以上は確実に出ていそうですね!

まとめ

とても長い記事となってしまいました。ここまでご覧頂きましてありがとうございます。

想定以上に新規でFF14を始める方が多いためか、みなさまの思っている以上にギャザクラ装備や新式装備は日々すごい勢いで売れています

その装備を製作するにあたって必要な伝説素材は、5.58の現在でも優秀な金策となっています。拡張が出る11月下旬まではこの流れをキープし続けるでしょう。

わたしが金策に目覚めたきっかけも、ギャザラーの未知・伝説素材掘りが最初でした。

カンストしている方であれば初心者でもオススメの金策となりますので、ギャザラーが苦じゃない方はいかがでしょうか!